子どもの頃に猫を飼っていた人は共感能力が高まる?|ペットと共感能力の発達について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ペットとのかかわりは、人同士の関わりと通じるものが多いといえます。

他者の思考を推測する『共感能力』に対して及ぼす『ペット』の影響も、いくつかの研究が行われています。

この記事では、ペットが飼い主の『共感能力』を高めるのか否かを調べた研究を紹介します。

 

■文献情報

〇題目

Empathic Differences in Adults as a Function of Childhood and Adult Pet Ownership and Pet Type
 

〇著者

Beth Daly and L. L. Morton
 

〇雑誌

Anthrozoos A Multidisciplinary Journal of The Interactions of People & Animals 22(4):371-382 · December 2009
 
 

■研究概要 (序論~方法) 

〇背景

 
子どもの共感性に関わる能力が、ペットを飼っているか否かで変わってくることは知られています。
 
しかしながら、そのような研究を大人に対して行った研究はありません。
 

〇目的

子どもの頃、もしくは大人になった今現在に、「ペットを所有していたか (しているか) 」によって、大人の今現在の共感能力に影響は生じるのかを調査すること
 

〇被験者情報

 
424人の成人
 

〇実験・調査方法

 
アンケート調査。
 
被験者は以下の8つのグループに分けられ、解析された。
 
子どもの頃に、、
「犬も猫も飼っていた群」
「犬のみ飼っていた群」
「猫のみ飼っていた群」
「犬も猫も飼っていなかった群」
 
大人の今現在に、、
「犬も猫も飼っている群」
「犬のみ飼っている群」
「猫のみ飼っている群」
「犬も猫も飼っていない群」
 
 
 

〇 評価指標・方法

 
被験者の共感能力を測定するために、以下の2つのアンケートを実施した。
 
Interpersonal Reactivity Index (IRI)
→ 対人反応性指標
 
Empathy Quotient (EQ)
→ 共感指数
 
 

■研究概要 (結果~考察)

〇メインで得られた結果

 
子どもの頃に「犬も猫も飼っていた群」「犬のみ飼っていた群」の大人たちは、「犬も猫も飼っていなかった群」の大人に比べて、社会的スキルが高く対人困難に関わる数値が低いことが分かった。
 
大人の今現在に「犬のみ飼っている群」の大人たちは、「犬も猫も飼っていない群」の大人に比べて、対人困難に関わる数値が低いことが分かった。
 

〇面白い・特筆すべき結果

 
大人の今現在に「犬のみ飼っている群」の大人たちは、「犬も猫も飼っていない群」と「猫のみを飼っている群」の大人に比べて、会的スキルが高いことが分かった。
 

〇筆者の意見・主張

 
人間は、ペットとのかかわりを「擬人化して」捉える傾向にある。
 
また、ペットを家族とみなしており、特に猫よりも犬は、その認識が強いので結果が強く表れたといえる。
さらに、「社会的な共感性の高い人」が、犬をペットとして選んだ、ということも考えられる。
 
多くのペットの飼い主が、「ペットとの関係」を「人間との関係」と同様なもの捉えていることが考えられる。そして、被験者が比較的若いこともあり、家庭内に子供がいないことも考えられるため、ペットを子供の代わりのように認識していることも示唆できる。
 

■感想と転用

 

〇 卵が先か鶏が先か

 
必ず取りざたされる問題、「共感性が高い人がペットを飼っているだけでは?」
確かにその可能性は高くて、というか、その可能性も1要素だと思います。
 
何かの現象が単一の背景によって生じていることの方が少ないし、複雑な経路からそのような現象が起きたのだといえます。
 
ただ、「過去にペットを飼っていた人の、現在の共感能力が高い」という事実が得られたこの研究は、「ペットを飼った」から「共感能力が上がった」と強めに主張できるのではないかと思います。
 (これも勿論、反論の余地ありますが) 
 

〇 猫の完敗

 
結果のみを見ると、猫が共感能力に及ぼす影響は小さいことが分かりました。
残念!
犬のような気質と比較すると、気まぐれで独立性の高い猫のような気質は、共感に関わる能力とのかかわりが小さいのか、、。
 
逆に、猫みたいな生き物だからこそ、「他者視点能力」は上がるような気がするんだけどなぁ、、。
 
ただ、子供の時であれば、犬猫両方飼っていれば共感能力が高かった、少しは共感能力に寄与するのかなとも思います。
 
今後の研究に期待ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。