その他

読書感想文 ※ネタバレなし|伊藤計劃『屍者の帝国』|わずか21gの魂

本の紹介

著者と書籍の情報

今回よんだ本は、伊藤計劃の「屍者の帝国」でした。

屍者の帝国 (河出文庫) (日本語) 文庫 – 2014/11/6

この本は、夭折した作家の伊藤計劃さんが、生前に残した数十枚の原稿を、円城塔さんが執筆を引き継ぐ形で作られた作品です。

兄に勧められて伊藤計劃シリーズを読み始めたのが大学生時代。

『虐殺器官』と『ハーモニー』は、非常に面白かった記憶があります。

この『屍者の帝国』もその時から知っていたのですが、何となく読むタイミングがなく、未読のままでした。

ようやく読めました。

内容

死体に疑似霊素をインストールすることで『屍者』を作り出す、という技術が発展した世界を描いた作品です。

この屍者は、人と同じ外貌を持つ一方で、明らかに人とは異なる動きをします。
できる行動の範囲も限られており、プログラムされたことを忠実にこなす、いわばロボットのような存在です。

この屍者の存在をめぐる、人とは何か、意識とは魂とは何かを問いかける、といったテーマのSF作品です。

全体の感想

前作である『虐殺器官』と『ハーモニー』と比べて、読みづらいなぁと感じてしまいました笑

マジなSFってこんな感じなんでしょうか?笑
SFは全くの素人である私にとって、読み進めるのが結構キツイものでした、、。

また、この作品は「シャーロックホームズ」「カラマーゾフの兄弟」「ダーウィンの進化論」「近代の日本史」「近代の世界史」など、幅広いテーマと絡めながら進んでいく物語でした。

もちろん、がっちりその知識がないと読めないかっていうとそうではないけど (私はダーウィンくらいしか知らないし)、知識があるとより理解が進むし、何より読んでて楽しいんだろうな~と思いました笑

「自分の知識とのコネクト」を感じると、すごく面白さが増すという現象があるので、私はその点が不利でしたね、、。教養の低さが出ました。

ただ、逆に今興味がわいてきたので、上記のコンテンツに手を出してみようかな~と思います。
….いつか。

グッと来たところ

場面・描写

やっぱり最後のシーンでした。フライデーのとこ、、、、。

あんまりいうとネタバレになるので言えませんが、最後の描写は、綴り方が素敵でした。

琴線に触れた表現

この本は、小難しい漢字を多用していました。
読み方や意味の分からない単語をこんなに調べながら読んだの、すごい久しぶりです笑

また、私がいいなぁと思った文章表現もたくさんあったので、一部抜粋してみました

P298
「そう、わからないからだ。過程がわからなければ、結果に頼るしかなくなる。これは理屈の問題じゃない。人間の理解の仕方の問題なんだ。人間は物事を物語として理解する。暗号が具体的にどんな強引な方法で解かれたかは問題じゃない。誰が解いたことにした方が面白いか、書かれているとされる内容がいかに刺激的かが重要なんだ」

人間の心理をうまく表現していて、なるほどと感じました。

 

P306
自由とは選択のないことだ

月並みだけど、その通り。

 

P359
「あんたは、生命とはなんだと思う」笑い飛ばされるかと思ったが、振り返ったバーナビーは不思議そうな顔で淡々と告げた。「性交渉によって感染する致死性の病」

この表現、一番グッときました!

よくよく思い出してみると、私、Twitterか何かで以前この文章を見たことがあって、記憶の片隅にあったんですよね。
それのせいか、一番印象に残るフレーズでした。

言葉の定義を、すごい視点から再定義する感じ、好きなんですよね。
この場面で言えば、『生命』という単語を、『病』に置き換えている感じ、めっちゃいい。クール。

 

P389
「筋道や枠組みをどうとっても構わないなら、理屈はどうにでもつく。おとぎ話だ。-そこまで知っていたならどうして先に言わない」「お前さんの言った通りだ。筋道なんて事実が追い付いてからようやくもっともらしく思えるもんだ。筋道が意外な物であればあるほどな。」

事実が明らかになるまでは、その過程は非論理的に感じる。過程が奇妙であればあるほどに、ねー。なるほど。

 

P403
もう一人彼女を造り出そうというのではない。彼女という個体は失われ、二度と決して戻らない。彼女に似たものを作り出せたとしてもそれは最早彼女ではない。おそらくは彼女と全く同じ物質的構成を持った存在でさえ、彼女ではありえないだろうと思う。ことは魂の問題であり、物質の問題ではないとわたしは思う。

星の王子様的な感じ。

『いちばんたいせつなことは、目に見えない』
星の王子さま (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2006/3/28
サン=テグジュペリ

 

P450
「辞書がそれ自体で意味を持つかね。ただの循環があるだけだ。ある言葉が他の言葉を定義し、その言葉は別の言葉に定義されている。辞書という世界の中では、本質から切り離された循環が永遠に空疎に回り続ける。人間が魂と呼ぶのはその循環の中の流れ、存在の大いなる循環だ。起源は原理的に存在しない。鶏が卵を産む。卵が鶏を生む。原初の卵は存在したことがなく、宇宙の開闢を告げた鶏はいない。過去へと旅した男が、自分の祖先と子を設ける。始原はどこだね。それは人間の思考を超えた世界にあり、その通路は鎖されている」

「卵が先か鶏が先か」問題を、「辞書」で表現している感じがすごく秀逸に感じました。

言葉が空疎に循環する、ってすごく面白い表現。

 

書籍の紹介文章

幼少期、よく死を想像し、恐怖し、眠れなくなったことがある。
人は、死んだらどこにいくのだろう。
私の意識は、魂は、どこにいくのだろう。

本書では、死者を屍者としてよみがえらせる技術『屍者化』が発展した世界が描かれる。
死者とは一線を画し、けれども決して生者ではない。
語らない。自律しない。そんな存在が屍者。

死者と生者を決定的に分かつ違いは、僅か21gの魂。
この魂が欠落した死者に疑似霊素を組み込むことで、屍者は生まれる。

そんな世界である日、生者に限りなく近い屍者の存在が確認される。

彼らは屍者?生者?
そもそも、屍者と生者を分かつものは何なのだろうか。
自分の周囲の人間が『屍者でない』とどうやったら証明できる。自分が『屍者でない』とどうやったら認識できる。
生者を生者たらしめる魂は、意識は、どこにある。どんな構成物質により在る。

人間の魂とは何か、その真実に迫る一冊。

読書感想文|パット・センソン 見せびらかすイルカ・おいしそうなアリ|研究者のあくなき好奇心

自分の話

動物行動学は人を惹きつける魅力にあふれており、面白い本が山ほどあります。

私の指導教員が授業で薦めていた、コンラート・ローレンツ著の「ソロモンの指輪」を読んだとき、動物行動学がいかに魅力的であるかを知りました。

ローレンツさんの生きざまに衝撃を受けたのもそうですし、動物の行動をさまざまな観点から理論的に説明していく、という考え方、概念自体が、当時の私にとって新鮮でした。

その後、「人イヌにあう」「攻撃」など他の本を読んだり、小林朋道先生のシリーズものをよんだり、活字と対面するのが苦手だった私が積極的に本を読むようになったきっかけとなりました。

今回の本は、そんな動物行動学の魅力にあふれた一冊です。

 

読んだ本の話

今回手に取った本は、パット・センソンさんの「見せびらかすイルカ・おいしそうなアリ」でした。

見せびらかすイルカ、おいしそうなアリ パット・センソン  飛鳥新社ポピュラーサイエンス

☞Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%81%B3%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%99%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%80%81%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%A2%E3%83%AA-%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E6%96%B0%E7%A4%BE%E3%83%9D%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3/dp/4864101078

 

動物の行動には、一見して人下から見ると不可解なものがたくさんあります
しかしそれは、「人間フィルター」でその行動をみているからであるといえます。

2年くらい前に読んだ『生物から見た世界』で、ユクスキュルさんが提唱している「環世界」という概念を思い出しました。

環世界とは?

すべての動物はそれぞれに種特有の知覚世界をもって生きており、その主体として行動しているという考え。ヤーコプ・フォン・ユクスキュルが提唱した生物学の概念。

☞Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E4%B8%96%E7%95%8C

 

つまり、動物はその種ごとに独自の知覚機能を駆使して外界を認識しているから、「我々とはそもそも見ている外界世界が違う」ということです。

 

たとえば、サルが自分のおしっこで手を洗っていたり、カワイルカが木の棒を加えて振り回していたり、「われわれからすると不可解」な行動には、「彼らからすると合理的」な理由が背後にあります。
(理由は、ぜひ本書をご覧ください)

その合理的な理由を知るには、我々の「人間フィルター」は排除し、彼らの視点に立つことが重要なります。

 

この考え方ってすごく大事だと思ってて、動物種だけに限らないと思います。

人同士においてもこの考えは適用できて、「普通はこうだから」とか「常識的に考えてこうだから」とか、主観的な価値判断を他者に要求してしまう場面は良く起こりえます。

そんなとき、自分を俯瞰的に省みて、他者視点にもつ必要があるかもしれません。

 

それから、現象を客観的に判断する思考に長けているのは、明らかに研究者であると痛感しました。

と同時に、本書で描かれる、研究者のあくなき探求心には脱帽です。

まさしく、尊敬する部分だと思いました。

 

『全国読書マラソン・コメント大賞』への掲載予定文章(推敲中)

動物の行動に疑問を持った経験は、誰でも一度はあるだろう。
なぜそんな行動を?その行動にはどんな意味が?
いくら考えても分からず、しだいに考えていたことさえも忘れていく。

本書にでてくる研究者たちは、忘れなかった。

その行動を徹底的に調べ上げ、時には危険をおかしながら実験と調査を重ね、もっとも合理的な行動の理由を導き出す。

その行動原理を知るには、人間フィルターを外す必要もある。
その生物種の視点にいかにして立ち、彼らにとってその行動がいかに重要かをくみ取る。

研究者とは、もしかしたら最も他者志向性の高い人種なのかもしれない。

 

『全国読書マラソン・コメント大賞』とは??
☞ 全国大学生活協同組合連合会 HP
https://www.univcoop.or.jp/news_2/news_detail_1477.html

読書感想文 ※ネタバレなし|隻眼の少女 麻耶雄嵩|宗教的な狂信のゆくえ

自分の話

ミステリー小説が好きです。

私がハマったきっかけの小説は、乾くるみさんの「イニシエーション・ラブ」でした。

たまたまテレビ番組の『しゃべくり7』を見ていた時、くりーむしちゅーの有田さんが紹介していました。
興味がわいたので、次の日にさっそく買いにいって、読みました。
(あの方のべしゃりは、ほんと上手いですね。完璧にプレゼン力にやられました。)

薄い本だったので1日で読めたのですが、いやー、あの衝撃は今でも忘れられないですね。
本の最後から2行目を読んだとき、度肝を抜かれるんですよ。

興奮しながら読み返して伏線を拾って、それでも興奮が収まらないのでネタバレサイトを漁りまくってた記憶があります。笑

ミステリ小説の、あのドキドキわくわく感は、なにものにも代えがたいように思います。

 

今回は、前々から気になっていて買ってはいたものの、1年くらい積み本になっていたミステリー小説を手に取って、読んでみました。

 

読んだ本の話

今回手に取った本は、麻耶雄嵩さんの「隻眼の少女」でした。

隻眼の少女 麻耶雄嵩 文藝春秋

☞Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/%E9%9A%BB%E7%9C%BC%E3%81%AE%E5%B0%91%E5%A5%B3-%E9%BA%BB%E8%80%B6-%E9%9B%84%E5%B5%A9/dp/416329600X/ref=tmm_hrd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

 

感想としては、『ふつうに嫌な終わり方やー』でした。笑

ミステリー小説としてはもちろんレベルの高い物でした。
伏線のちりばめ方や事件のトリックなどを含め、内容はひじょうに面白かったです。

ただ、「結末」そのものが、私はなんかすごーく嫌でしたね。笑
うわぁ、って。笑

 

この本は、大学生の種田静馬と、隻眼 (片目) の探偵のみかげが、ある村で起こった連続殺人事件に挑む、というストーリーです。

その村は「スガル様」という神を祀る村で、「琴折家」と呼ばれる家系の母系の子孫が、代々スガルを継いでいます。
この一風変わった村で、「次期スガル」になるはずの娘たちが次々と殺されていきます。

静馬とみかげは、二人で協力しながらその謎を見事解決します。
しかし、その18年後、またしてもその村で殺人事件が起こります。
静馬たちはこの謎を解明することができるのか、、

 

ザっとしたあらすじは、こんな感じです。

ミステリー小説のだいご味である、『誰が犯人なのか、、』を考えるのが楽しい小説でした。

 

この小説は「宗教的な狂信」がキーワードになります。

村で奉られている「スガル様」はもちろんそうですが、探偵のみかげもそれは同じです。

というのも、みかげの母は有名な探偵であり、一部の人に「宗教じみた」人気をもっていました。
みかげは「立派であった母を継ぐ」という、いわゆる信仰心を強く持っている人物なのです。

みかげは、「スガルになることが生まれた時から決められていた娘たち」になにがしかのシンパシーを感じていたと思います。

それは、小説の結末に大きくかかわってくることになります。

 

そして、宗教的な熱情は、時には人の価値観をゆがめ、周囲の人間を巻き込んだトラブルを引き起こすきっかけにもなりえます。

 

本書では、その狂信のおそろしさと、「自分の人生の方向性に裁量権があること」に対する喜びが感じられる本だと思いました。

 

久しぶりのミステリー小説、面白かったです。

 

『全国読書マラソン・コメント大賞』への掲載予定文章(推敲中)

この小説では、ある宗教が信仰されている村が舞台となる。
その村では『スガル様』と呼ばれる人間が祀られ、神として崇められていた。
ある日、次期スガル様とされていた娘たちが次々に殺されるという連続殺人事件が発生した。
その謎に挑むは、隻眼の探偵、みかげ。
みかげは事件を解決することができるのか、、。

宗教は必ずしも人を幸せにするとは限らない。
なにかを強く信じることは、人を盲目にさせる。
行き過ぎた信仰は狂信にかわり、周囲の人間との軋轢を生むことになる。

それは何も、その村の人間だけに限らない。
大なり小なり、人はなんらかの価値観にすがり、生きていく。
すがらなければ、生きていけない人もいる。

かつて名をはせた天才探偵の母のすがたを追う、みかげもまたその1人だ。

自分の人生、自分のために生きれていますか?

『全国読書マラソン・コメント大賞』とは??
☞ 全国大学生活協同組合連合会 HP
https://www.univcoop.or.jp/news_2/news_detail_1477.html

読書感想文|梨木果歩 西の魔女が死んだ|悪魔に勝つための意志力養成方法

自分の話

非常に有名な小説ですが、中身を読んだことはありませんでした。
ブックオフで物色をしていたらたまたま見つけたので、読んでみました。

本書は児童向けの小説のようで、小学生の国語の教科書にも載っているようです。

私は幼少期にまったく本を読まなかったので、国語は割と苦手でした。

あの頃にこの本を読んでも、何も感じなかったのかなーなんて思います。
(読書感想文が夏休みの宿題で一番苦痛でしたね)

 

読んだ本の話

今回手に取った本は、梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」でした。

西の魔女が死んだ・梨木香歩・新潮文庫

☞Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/%E8%A5%BF%E3%81%AE%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%8C%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%A2%A8%E6%9C%A8-%E9%A6%99%E6%AD%A9/dp/4101253323

 

この本では、主人公の少女まいと、その祖母であるハーフのおばあちゃんが出てきます。
まいは、小学校の同級生とそりが合わず登校拒否をしてしまい、一時的におばあちゃんの家に居候することになりました。
本書は、その同居生活の中での、まいの心理的成長の過程をつづった小説になります。

一昔前の本とはいえ、小説の中で描かれるおばあちゃんとの暮らしの描写はどこか懐かしく、郷愁をかんじるものでした。

まいのおばあちゃんは、魔女です。それも、マジな感じで描写されます。

そんなおばあちゃんの話を聞いて、まいも魔女になることを決めます。

おばあちゃんはもちろんそれを了承します。
おばあちゃんが出した課題は「規則正しい生活をおくる」こと。
それだけ?と困惑するまいでしたが、これが結構難しいと気づきます。

これ、私も含めて、多くの方が実感する部分かなと思いました。

あたまよくなりたーい、とか、やせたーい、とか、ありがちな目標を掲げがちな現代人。
これらの目標を達成するための近道は、やはり「規則正しい生活」ですね。

でも、本質を理解していない人はとかく、楽で直接的な方法 (断食とかシックスパッドとかね) に逃げがちです。

 

また本書では、まいが多様な課題に直面します。「学校の友達」「近隣のおじさん」「死」などなど。これらの問題、私たち大人も直面する問題ですね。

この時に大切なのが、悪魔に心をむしばまれないこと。

ネガティブな感情が心を支配すると、客観的に物事を判断できなくなります。

これに対抗するために必要なのが「自分を律するための意志力」で、それを養うための正しいプロセスも「規則正しい生活」になります。

「意志力」と「睡眠」「運動」「瞑想」などが関連していることは研究から分かっています。おばあちゃんのこのプロセスは的を得ているですね。

 

まいに負けじと、私も規則正しい生活を心がけて行かないとなー、と感じました。

 

 

『全国読書マラソン・コメント大賞』への掲載予定文章(推敲中)

学校生活に嫌気がさした小学生のまいは、おばあちゃんの家で魔女になるための修行をすることになる。
おばあちゃんがまいに出した課題は「規則正しい生活を送ること」。そして、すべてを「自分の意志で決めること」。
まいが修行中に直面するネガティブな感情は、悪魔の大好物。悪魔に心を奪われるまいを、おばあちゃんはやさしく揺り戻す。けれど、まだ成長過程のまいは素直になれない部分もあって、おばあちゃんと衝突する。

本書は、小学生のまいの精神的成長を描くはなし。
けれど、まいが直面する障害・課題は、成人の我々も直面する本質的なもの。
情報があふれる現代社会には、自分の心を揺さぶる悪魔がたくさん潜んでいる。
本書を読んで、周囲に流されない芯の強さ養うべきだと感じた。

『全国読書マラソン・コメント大賞』とは??
☞ 全国大学生活協同組合連合会 HP
https://www.univcoop.or.jp/news_2/news_detail_1477.html