猫の福祉

猫の身体活動量は3~14才で一定?|年齢・ボディコンディションスコアと運動量の関連性

猫を運動させることは大切です。

なぜなら、猫の身体活動は、猫の健康状態に直結する要素だからです。

今日紹介する論文では、「猫の身体活動と、猫の年齢やボディコンディションスコアとの関連性」を調査をして、猫の健康福祉に役立てようとしています。

 

【地域猫】と呼ぶのは控えるべき?|用語がもたらす誤ったブランディングの悪影響

「用語」を作り掲げる際には気をつける必要があります。

なぜなら、用語が想起させるイメージが誤って認識され拡散してしまう可能性があるからです。

今日紹介する論文では、「地域猫という用語の定義を明らかにする」調査を行い、外で暮らす猫たちの保全、我々の認識に及ぼす悪影響を検証しています。

 

猫の生活を豊かにするためにできることは?|計画的行動理論に基づく飼い主の行動・家庭環境の影響

猫と飼い主の福祉を向上させるには、望む行動を増やし、問題行動を減らすことであるといえます。

ただ、言うは易く行うは難しです。なぜなら、猫の行動は「飼い主の行動特性」や「飼育家庭環境」などの多要因に左右されるからです。

今日紹介する論文では、「猫の行動を左右する要因はなにか?」を調査し、猫のより良い福祉を考える試みをしています。

 

ツシマヤマネコのストレス状態は?|糞中グルココルチコイドによる健康管理

日本に唯一生息する野生のネコ科動物である対馬島に生息するツシマヤマネコと、西表島のイリオモテヤマネコ。

彼らは絶滅の危機に瀕しており、彼らの健康状態を適切に管理し、個体数の増加に努める必要があります。

今日紹介する論文では、「ツシマヤマネコの糞からストレス物質を測定できるか否か?」を調査しています。