後輩指導

【卒論テーマ決定】② 文献の探し方(オンライン検索編)

皆さんは、Google scholar もしくはGoogle で文献を探す時、どのような方法で行っていますか?
 
「猫 オキシトシン」「cat oxytocin」のように、キーワードをベタ打ちするのみでしょうか?おそらく、簡単には見つかりませんよね🤔
 
この記事では、オンライン検索で自分の欲しい研究を見つけやすくするための「3つの視点」を紹介したいと思います👨‍🏫

続きを読む

【卒論テーマ決定】① 文献の探し方

すべての大学3年生のみなさん、卒論のテーマは決まりましたか?
 
 
「テーマ決定」に関わらず、皆さんがこれから卒論を進めていく上で大切になってくるのは「情報」です📉とにかく「情報」です📊
 
そして、その「情報」の種類は「学術論文」である事が理想です🐾なぜなら、みなさんはこれから「過去の学術論文」を駆使して「序論」を作成し「方法」を確定し「考察」を述べていくからです!
 
この記事では、「学術論文の探し方」について解説します。

続きを読む

輪読会とは?英語論文を読むときのポイントは「構造意識」と「効率化」

英語になれてない人、また、学術論文になれてない人、そしてその両方の人。英語論文を読むのが非常に苦痛でしょう。

私もそうでした。

ただ、長く大学院生を過ごす中で、徐々に「効率的な読み方」を理解してきました。

この記事では、「英語論文を効率的に読解する方法」について解説します。

続きを読む

輪読会とは?読みたい文献と出会うための「検索方法」

学術論文を探す方法はたくさんあります。ただ、やり方を間違えると上手に探すことができません。

この記事では、輪読会で使用する「学術論文」を見つけるための方法を解説します。輪読会に関わらず、文献検索は研究活動の各場面でひつようになってくるものです。

効率的な検索方法をおぼえて、無駄な時間を削減しましょう。

続きを読む

輪読会とは?英語論文を読んでプレゼンすることの「意義と目的」

研究活動において「過去の学術論文」は超重要なものです。
 
なぜなら、研究は「未知を既知に変える作業」だからです。つまり、「まだ誰も知らないこと(未知)を研究で初めて明らかにする(既知)作業」が研究活動といえます。
 
であるならば、「どこまで知られているのか?(既知)」を知っていないと、「知らないこと(未知)」を知ることが出来ません。
 
そこで必要になってくるのが、「過去の学術論文」になります。
 
この記事では「学術論文」を読んで内容をまとめて発表する活動、「輪読会」の意義や目的についてご紹介します。
 

続きを読む