【academist クラウドファンディング】研究詳細ページ

【注:本クラウドファンディングは2020年8月27日に終了しております】
【ただ、被験者募集は継続して行っております。実験詳細ページから、実験のご協力をお待ちしております。】

 

 

クラウドファンディング「猫にとっての人との幸せな関係を明らかにしたい!」に興味をもっていただき、本当にありがとうございます!

 


 

ご協力いただける方の条件

飼い主さん

猫の尿を採取することが可能である方
詳しい採取方法は、下の「実験実施までの流れ」でご説明いたします。

もし「尿を取りやすいトイレ」をお使いでない場合は、こちらから専用トイレをご郵送することもできます!気兼ねなく、研究にご参加ください。

(多頭飼育の方の場合) 採取した尿がどの猫のものか判別できる方
実験参加は、特定の猫ちゃん1頭のみでも、もちろん可能です!

 

猫ちゃん

尿中の成分に影響を及ぼしうる疾患を持っていないこと
罹っている疾患が尿中ホルモンに影響するか判別できない場合は、ぜひ cat.human.research@gmail.com までお問い合わせください。

 

飼い主さんにやっていただくこと

この実験は非常にシンプルで、やっていただくことは2点のみです。

①尿の採取・保管

猫の尿を3日間、採取・保管していただきます。
詳しいやり方は、下記の「実験実施までの流れ」をお読みください。

採取方法はシンプルで、数分で終わります。

②アンケートの記入

「実験期間中の猫ちゃんの行動」や、「猫ちゃんの情報 (性格傾向など)」などについてお答えいただきます。
どのアンケートも大きく時間はお取りしません。数分~十数分で終わるものです。

 

「郵送」のみで対応いたします

このような社会情勢ですので、実験者が「ご自宅にあがる・伺うこと」はございません。ご安心ください。

ZOOMでのご説明、ご自宅を来訪してのご説明を希望の方は、もちろんご対応いたします。

全国各地、どこの地域の方でもお待ちしております!

 

実験実施までの流れ

クライドファンディングの支援が達成した後に、永澤よりメールでご連絡差し上げます。9月の上旬なるかと存じます。

メール、および「アンケートフォーム」にて、「実験日程」などを詳しくご相談させていただきます。

そこまで終わりましたら、実験が開始となります。

 

実験の流れは、以下のとおりです。

 

①「実験に必要なもの」をご自宅に郵送

実験の日程が決まりましたら、まず「実験に必要なもの」をご自宅に送付させていただきます。

お送りするものは以下のとおりです。

尿とり道具一式 (スピッツ管・スピッツ管立て・スポイト・臭わないゴミ袋・アルコールシート・ジップロック)

記入用紙 (オシッコ情報・猫ちゃん情報・など)

ペット活動計 (任意)

 

②【実験 3日間】 尿の採取・アンケートの記入

「ねこちゃん情報 (性格など) に関するアンケート」 は、いつ回答いただいても構いません。実験終了日までのお時間あるとき、ご記入ください。

オシッコの採取・保管の「頻度・回数」ですが、協力者様の任意でございます。可能な範囲でおねがいします。

猫ちゃんは大体1日に2~3回オシッコをしますので、「朝」「晩」の2回チェックいただければ大変幸いです。

室温で長時間放置していると、ホルモン濃度に悪影響が出る可能性があります。もし日中も確認いただける場合は、こまめにチェックいただけると非常に嬉しいです。

 

「オシッコを取る手順」

一連の作業は、数分で終わるものです。

 

1. オシッコするのを待つ

尿が固まらない方式のトイレだと、簡易に取ることが出来ます。

もし固まる式のトイレ砂をお使いの場合は、「トイレ一式」をご郵送することも可能です。ご心配は不要です!

2. オシッコを確認したら、採取する

「スピッツ管」とよばれる小さな容器に尿を保管していただきます。

まず「スピッツ管立て」に、蓋を開けた3本の「スピッツ管」を置きます。
そして手袋をはめて、スポイト・ゴミ袋・アルコールシートを用意します。

オシッコが溜まっているトレーを取り出し、スピッツ管の「線が引かれている部分」まで尿をスポイトで移してください。

この時、ホルモン濃度をなるべく均一にするため、軽く左右に揺らして混和してください

3. オシッコを冷凍庫に保管する

スピッツ管の蓋をしっかり締めます。

ゆるいと「漏れる」可能性があるのでお気をつけください。
オシッコが外壁などについた場合は、アルコールシートで拭いてください。

スピッツ管を、まず小さめのジップロックに入れます。
さらに、それより大きいジップロックに入れます。
この状態で、(できれば尿が漏れないよう立てた状態で) 冷凍庫に保管してください。

衛生面が気になる方は、ジップロックを3,4重にして頂いて構いません。

「立てて置く」ための補助になるような容器も送付いたします。冷凍庫の状況によるかと思いますので、もし必要であればお使いください。

尿がトレーに残っている場合は、アルコールシートに吸い込ませ、スポイトとともに「臭わない袋」に包んで廃棄をお願いいたします。

4. 「オシッコ記入シート」に必要事項を書く

「保管した時間」「オシッコをした時間」などの情報を記入していただきます。

 

③尿を当研究室まで返送

ヤマト運輸による「集荷依頼」を手配しますので、ご自宅にてお待ち下さい。送付した段ボールを使って、ご返送ください。

サンプルの状態を良好に保つため、可能であれば【実験 3日間】の「翌日」に集荷させていただきたいです。
もし難しい場合は、別の方法で対応いたしますので、ぜひご相談させてください。

 


 

以上となります。

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます。

 

「よりよい猫と人の共生社会」を目指した本研究の理念にご賛同いただける方のご参加、心よりお待ちしております。

 

【注:本クラウドファンディングは2020年8月27日に終了しております】
【ただ、被験者募集は継続して行っております。実験詳細ページから、実験のご協力をお待ちしております。】