犬と触れ合うことで飼い主は健康になる?|オキシトシンと自律神経に及ぼす犬パワー

近年では、「犬と飼い主」の関係性は人の母子間に類似したものとも考えられ、多くの研究が行われています。
それに伴い、「犬のもたらす健康効果」も注目されており、犬が人の生理学的な健康効果をもたらすことが分かってきました。
 
この記事では、「犬」「飼い主」『オキシトシン分泌』『自律神経活動』に影響を及ぼすかを検証した研究を紹介します。
 

■文献情報

〇題目

Effects of Human–Dog Interactions on Salivary Oxytocin Concentrations and Heart Rate Variability: A Four-Condition Cross-Over Trial
 

〇著者

Lauren Powell, Kate M. Edwards, Scott Michael, Paul McGreevy, Adrian Bauman, Adam J. Guastella, Bradley Drayton & Emmanuel Stamatakis
 

〇雑誌

Anthrozoös, 33:1, 37-52, DOI: 10.1080/08927936.2020.1694310
 
 

■研究概要 (序論~方法) 

〇背景

 
犬を飼育することが人を健康することは広く知られている。
そしてその健康効果の根底には、「オキシトシン」「自律神経活動」の変化があるといわれている。
 
このオキシトシンは、ストレス反応、そして自律神経活動を抑えるようなストレス緩和効果ことが知られている。
また、他者との関係性を構築するような社会的な行動との関連性も報告されており、飼い主と犬の「愛着的な関係性」の構築にも関与していることも考えられている。
 
さらに、犬とその飼い主を対象にした研究では、「犬の散歩」といった身体的活動における「自律神経活動」を対象にした実験がいくつも行われ、「犬と散歩をすると副交感神経が活性化する」ことも知られている。
 
しかし、「オキシトシン」と「自律神経活動」の両面に着目しつつ、「飼い主と犬の愛着的な関係性」との関係性を考慮に入れた研究は行われていない。
 

〇目的

 
犬との一般的な関わりである「散歩」「ふれあい」がもたらす、人の唾液中オキシトシン濃度と、自律神経活動への影響を調べること。
 
また、それらの影響と「人と犬の愛着の強さ」に関係があるのか検討すること。
 
 
 

〇被験者情報

 
29組の犬とその飼い主
 

〇評価方法

 
「実験の前後」のタイミングで唾液を採取し、オキシトシン濃度を計測する。
また、自律神経活動も、実験の前後の値を計測する。
 
また、愛着レベルは、「Monash Dog Owner Relationship Scale (MDORS)」を用いて評価された。
 

〇実験・調査方法

 
実験の条件は4つ。
 
「犬と一緒に歩く」
「犬なしで1人で歩く」
 
「犬と触れ合う」
「犬なしで休憩する」
 
それぞれの条件は、約15分間行われた。
 

■研究概要 (結果~考察)

〇メインで得られた結果

 
オキシトシンは、条件間で違いは見られなかった。
 
自律神経活動は、「犬と一緒に歩く」「犬なしで1人で歩く」の両方の条件の時、数値の減少が見られた。
 

〇面白い・特筆すべき結果

 
犬との愛着レベルが低い飼い主は、「犬なしで1人で歩く」と比べて、「犬と一緒に歩く」方がオキシトシンと自律神経変動が高かった
さらに、「犬なしで1人で歩く」条件と比べて、「犬と触れ合う」ことの方がオキシトシンが高かった。
 

〇筆者の意見・主張

 
オキシトシン自律神経変動における、一貫性のあるパターンは見られなかった。
しかし、犬とその飼い主の愛着関係の強さによって違いがあり、愛着の少ない飼い主でより大きな変化が見られた。
 
今後の研究では、もっと長期の健康状態との関連性を見る必要もあるといえる。
 
 

■感想と転用

〇 逆かと思った

 
愛着的な関係性が強い「犬と飼い主」ペアの方が、より大きな生理学的な反応が生じそうな気もするのですが、反対なのは意外でした。
 
ただ、著者は「愛着に問題を抱えている人は、犬とのかかわりから影響を強く受ける」という過去の研究と類似した結果だ、と主張しています。
だからこそ、愛着の低い飼い主が、犬とのかかわりで大きな影響が生じたのだと。
なるほど、逆の考え方でしたね。
 
なんにせよ、生理学的な反応の評価はとても難しく、実験の条件や実施プロセス、 (オキシトシンに関しては) その定量化方法によって大きく影響を受けます。難しい実験系ですね、、。
 

〇 知見が沢山

 
私の研究分野とかなり近い内容だったので、ものすごく勉強になりました。
 
Polarによる心拍変動解析の測定タイミング・方法などは私の認識していない部分があり、勉強不足を実感しました。
また、オキシトシン計測にはENZO社の物を使っており、私の活用している物とは異なるため、そこも参考になりました。
 
猫だと実験系が多少異なってきますが、私の実験の修正に活用したいと思います。

猫はあなたの心血管疾患の発症を予防する?|ペットの持つ生理学的な健康効果

健康で長生きしたいですよね。
そのためには、「心血管系の疾患」を予防するような取り組みを日常的におこなう必要があります。
近年は、「ペットの飼育」が非常に注目されており、「心血管系の疾患」を始めとする様々な健康効果が報告されています。
この記事では、「ペット」と「心血管系の疾患」の関係性についてレビューした研究を紹介したいと思います。
 

■文献情報

〇題目

Emerging Cardiovascular Risk Research: Impact of Pets on Cardiovascular Risk Prevention.
 

〇著者

Schreiner, Pamela J.
 

〇雑誌

Current cardiovascular risk reports vol. 10,2 (2016): 8. doi:10.1007/s12170-016-0489-2
 
 

■研究概要 (序論~方法) 

〇背景

 
動物とヒトの関わり方は多様で、野生動物や動物園動物、家畜から使役動物などが挙げられる。
特に「愛玩動物」としての関わりは非常にメジャーであり、アメリカでは推定1億8千万匹の犬猫が人と暮らしている。
 
彼らが人に多岐の健康効果をもたらすことは知られており、心血管系の疾患 (冠動脈疾患、脳梗塞、末梢動脈疾患) にもポジティブな作用を示すことが知られている。
しかしながら、それらの研究結果はすべてが一貫性のある物とは言えない。
 
 

〇目的

 
既存の研究結果を要約し、「心血管系の疾患」と「ペット」の関係性について議論すること。
 
 

〇実験・調査方法

 
文献レビュー
 
 

■研究概要 (結果~考察)

〇メインで得られた結果

 
肥満糖尿病のような、心血管系疾患のリスクとなりえる疾患とペットの関係性は、ポジティブなもの、ネガティブなもの、どちらでもないものなど様々であった。
 
犬を飼っている人は運動量が高まるものの、それが「犬の直接的な効用」「間接的な影響」かどうかは不明。
 
アレルギーや喘息とペットの関係性は、遺伝によるものかどうか分からないため不明瞭。
 
 

〇面白い・特筆すべき結果

 
ペットが抑うつや不安などの心理的状態にポジティブな影響をもつことは分かったが、「横断的な研究 (一時点を切り取ったもの) 」がほとんどであり、また、そのペットとの「絆の大きさ」に結果が左右される可能性がある。
 
 

〇筆者の意見・主張

 

ペットの存在は、よりよい「家族の安定」「社会経済面」の指標となりうる。

そして、ペットが心血管系疾患へのポジティブな影響をもたらすには、「ペットを飼育する」という機会の提供、またそのような教育を改善していく必要がある。
 
 

■感想と転用

〇 危険な誇張表現

 
心血管系疾患を予防するには生活習慣を改善することが一番大切です。
動物と触れ合うか否かよりも、喫煙や運動量の低下がインパクトのデカい要因です。
 
これらの要因を前提に置いたうえで、じゃあ「より心血管系疾患にかかりづらくするにはどうすべきか」と考えた時、初めて「ペットの飼育」が手法として出てきます。
 
「ペットの存在」があまりにも大きく捉えすぎて、過度な (的外れな) 健康効果を提唱するのは危険ですね。
 

〇 研究のやり方の改善

 
生活習慣の因子を排除して統計解析をかけたり、ペットの健康効果があくまで「補助的な物」であることを前提に据えて研究を実施することが望まれます。
このようなレビューを参考にした上で、考慮すべき要因はどれなのかを事前に見極めることが、研究の発展には必要なのかと思います。

猫の顔の匂いでストレス軽減?|猫が落ち着くフェロモン液体 (Feliway フェリウェイ) とその効果

猫の飼い主さんにとって、そしてその猫ちゃんにとって、動物病院はストレスを感じやすい場所であるといえます。可能な限り、猫ちゃんのストレスを緩和することで、よりスムーズに診療を行えることを願うばかりだと思います。
そしてその願いは、実際に診療を行う獣医師の方々も同様です。
 
この記事では、猫の顔から分泌されるフェロモンを用いることで、猫の診療時のストレスを和らげることが出来るのかを検証した論文を紹介します。
 
 

■文献情報

〇題目

Improving the feline veterinary consultation: the usefulness of Feliway spray in reducing cats’ stress
 

〇著者

Pereira, J. S., Fragoso, S., Beck, A., Lavigne, S., Varejão, A. S., & da Graça Pereira, G.
 

〇雑誌

Journal of Feline Medicine and Surgery,(2016) 18(12), 959–964.
 
 

■研究概要 (序論~方法) 

〇背景

 
動物病院は、多くの猫にとってストレスを感じやすい環境です。
そのストレスを少しでも緩和するための方法として、匂い成分を用いる方法が知られています。
 
猫の顔面の臭腺には5種類のにおい成分 (F1~F5) があると言われています。
その内のF3成分は、猫の行動や生理的な部分に変動をもたらし、いわゆるストレス緩和の役割を果たすことが知られています。
そのF3成分を人工的に作って商品化したものが、Feliway(フェリウェイ) と呼ばれるものです。
 
 
 

〇目的

 
Feliwayが、動物病院診療時の猫のストレスを緩和し、ハンドリングがしやすくなるかを確かめること。
そして、飼い主と獣医と猫、この3者の関わり合いを手助けし、猫の福祉を向上させるための方法を考えること。
 

〇被験者情報

 
26週齢 (半年) 以上の猫87匹
 

〇評価方法

 
猫のストレス状態を測るために、以下の指標を用いた。
 
・キャットストレススコア (CSS)
→ 猫の体の部位の状態から、ストレス状態を7段階で評価
 
・ハンドリングスケール
→ ハンドリングのしやすさを、5段階で評価
 
どちらも、数値が低い方がストレスも低いということになる。
 

〇実験・調査方法

 
「Feliwayを散布した診察台」
「プラセボ (偽薬) を散布した診察台」
 
の2種類を用意し、それぞれの台での診療中の猫の様子を観察した。
 
 
 

■研究概要 (結果~考察)

〇メインで得られた結果

 
Feliwayを散布した診察台を用いた時の方が、CSSの数値が低かった
ハンドリングスケールも、数値は低いものの、統計学的な有意差は見られなかった。
 

〇面白い・特筆すべき結果

 

飼い主が「ハンドリングしやすい」「いつもよりリラックスしている」と回答した割合は、Feliwayを散布した台を使用した場合の方が多かった。
 

〇筆者の意見・主張

 
Feliwayは、診療時の猫のストレスを緩和し、より診療をスムーズにするといえる。
液体を散布するだけなので実施が非常に楽であり、活用がしやすいものといえる。
 

■感想と転用

〇 厳格な調査

 
この研究では、プラセボ群を用いた2重盲検法を採用しています。
つまり、診療する獣医師も、飼い主さんも、実験者も、「その診察台に散布された液体がFeliwayかプラセボかを誰も知らされていない」ということです。
主観が入りやすい行動評価において、この実験デザインは必須なのかなと思います。
 
行動観察としては素人の飼い主さん (猫の様子に関しては玄人だけど) の目線でも、猫の行動の違いを検出できたっていうのは、Feliwayの効果の高さが伺えます。
 
 

〇 誰でも・いつでも・どこでも

 
著者も言っていますが、「スプレーするだけ」なので使用方法がとても簡単です。子供でもできます。
そして、主観が混じりやすくて方法にブレが生じやすい定性的な手法 (猫に向かってまばたきをする・優しく声を掛ける、とか) とは違い、客
 
また、猫側へのアプローチ (猫の首根っこをつまんでおとなしくする、など) でもなく、あくまで環境側へのアプローチになりますので、その点もより猫の福祉の向上に準じた手法なように感じます。

南米チリでの猫の飼育状況|猫の放し飼いは野生動物に影響を与えるのか?

猫の飼育頭数は、日本を含めた多くの国々で犬を上回っています
これには様々な背景があり、「猫という生き物の生態上の飼育管理の簡易さ」や「現代社会の住居空間の変容」などが挙げられます。
 
その一方で、猫は犬と比較して個々体の独立性が高く、また、人間の生活環境下でも単独で狩猟採集を行うことのできる動物であるといえます。
その生態を考慮した飼い主が、放し飼いで猫を飼育することもしばしばあります。
 
この記事では、南米のチリにおける猫の飼育管理状況を調べ、その懸念点を指摘している研究を紹介します。
 
 

■文献情報

〇題目

Can Responsible Ownership Practices Influence Hunting Behavior of Owned Cats?: Results from a Survey of Cat Owners in Chile.

〇著者

Escobar-Aguirre, S.; Alegría-Morán, R.A.; Calderón-Amor, J.; Tadich, T.A.

〇雑誌

 
 

■研究概要 (序論~方法) 

〇背景

 
猫は飼育頭数、そして家庭内での多頭外の数も増えています。
その一方で、猫が野生動物に及ぼす影響も大きいと言われています。
 

〇目的

 
南米チリにおける、猫の飼育管理の方法、実際の野生動物の狩猟の数、そして飼い主の意識、これらを調査すること
 

〇被験者情報

 
5216人
 
 

〇実験・調査方法

 
オンラインでのアンケート調査
 
 

■研究概要 (結果~考察)

〇メインで得られた結果

 
5216人中、94.3 %の人が何らかのペットを飼育しており、その中で約半数の49.9 %が猫を飼育していた。
平均の飼育頭数は2.2匹で、84.1 %の猫の飼い主が「自分の飼っている猫が野生動物を狩猟する」と回答した。
 

〇面白い・特筆すべき結果

 
マイクロチップの登録がない、屋外への出入りができる、などの責任のない飼育管理が、「野生動物の狩猟」の可能性を高めていることが分かった。
 

〇筆者の意見・主張

 
猫が野生動物に及ぼす悪影響に対する、猫の飼い主の意識を変えるためには、国際レベルでの教育戦略が必要だ。
 
 

■感想と転用

〇 めっちゃ図表が可愛い

 
オープンアクセスの論文だからなのか、最初の2枚の図、学術論文とは思えないほどインフォグラフィック要素が強くて、めっちゃ可愛い笑。
 
すごく私好みな図だったので、「こんな感じでもいいんだ!」という研究の自由度を知れるいい機会になりました。
 
私もこんな図を作れるようになりたい。
 
 

〇 信念を変えるのは難しい

 
猫を屋外で飼育している人」にはいくつも異なる背景があります。
 
・人の健康を害するレベルで猫が外に出たがるので、仕方なく外に出している人 (問題行動型
・生じる悪影響を認識していないため、外に出している人 (無知型)
・猫のためを思って、外に出している人 (信念型)
などなど。
 
問題行動型の人には、動物行動学専門の獣医師に相談するのを促すのがベストです。
無知型の人には、個人・諸団体様がやられているような啓蒙活動 (SNSでの発信や講習会など) をひたすら繰り返して知ってもらうのが良い方法かもしれません。
 
一方で、信念型の人には、アプローチの仕方が非常に難しい。
何でかっていうと、「猫は放し飼いにして暮らした方が幸せか?」という議題は、『正しい / 正しくない』の二軸で切れるものではないからです。
『幸せ』の定義がなく (あってもそれは人間が作ったもので) 、『幸せか否か』は人間ではなく猫が決めることだからです。
猫が人の言語を操れるようになる日を待つよりほかありません。
 
では、私も含め、「猫は完全室内飼育にすべきだ!」と主張する人たちはどんな軸で考えているかというと、『好きか / 嫌いか』の二軸なのかなと思います。
「こーこ―こういう理由で、こんな感じだから、猫を室内で飼育する『方が私は好きだなぁ』」というものです。
その熱量の程度は人の差有れど、考えはこんな感じだと思います。
 
 
 
では、そんな信念型を変えるにはどうすればいいのだろう、、。
こっちの正義もあれば、向こうの正義もあります。
正しさを押し付けようとしても、向こうの正しさで押し返されます。
 
信念を捻じ曲げられるほどの経験を与える (室内飼育が好きになってくれるような感動的アプローチ) 」
信念を捻じ曲げざる負えない仕組みをつくる (法的処置をとれるようにするなど) 」
とかですかね。
 
あとはもう、人を見ないというのも手ですね。
「野生動物の区域に猫が侵入できない仕組みを作る (ATフィールドみたいな壁づくり、テクノロジーの活用など)」

子どもの頃に猫を飼っていた人は共感能力が高まる?|ペットと共感能力の発達について

ペットとのかかわりは、人同士の関わりと通じるものが多いといえます。

他者の思考を推測する『共感能力』に対して及ぼす『ペット』の影響も、いくつかの研究が行われています。

この記事では、ペットが飼い主の『共感能力』を高めるのか否かを調べた研究を紹介します。

 

■文献情報

〇題目

Empathic Differences in Adults as a Function of Childhood and Adult Pet Ownership and Pet Type
 

〇著者

Beth Daly and L. L. Morton
 

〇雑誌

Anthrozoos A Multidisciplinary Journal of The Interactions of People & Animals 22(4):371-382 · December 2009
 
 

■研究概要 (序論~方法) 

〇背景

 
子どもの共感性に関わる能力が、ペットを飼っているか否かで変わってくることは知られています。
 
しかしながら、そのような研究を大人に対して行った研究はありません。
 

〇目的

子どもの頃、もしくは大人になった今現在に、「ペットを所有していたか (しているか) 」によって、大人の今現在の共感能力に影響は生じるのかを調査すること
 

〇被験者情報

 
424人の成人
 

〇実験・調査方法

 
アンケート調査。
 
被験者は以下の8つのグループに分けられ、解析された。
 
子どもの頃に、、
「犬も猫も飼っていた群」
「犬のみ飼っていた群」
「猫のみ飼っていた群」
「犬も猫も飼っていなかった群」
 
大人の今現在に、、
「犬も猫も飼っている群」
「犬のみ飼っている群」
「猫のみ飼っている群」
「犬も猫も飼っていない群」
 
 
 

〇 評価指標・方法

 
被験者の共感能力を測定するために、以下の2つのアンケートを実施した。
 
Interpersonal Reactivity Index (IRI)
→ 対人反応性指標
 
Empathy Quotient (EQ)
→ 共感指数
 
 

■研究概要 (結果~考察)

〇メインで得られた結果

 
子どもの頃に「犬も猫も飼っていた群」「犬のみ飼っていた群」の大人たちは、「犬も猫も飼っていなかった群」の大人に比べて、社会的スキルが高く対人困難に関わる数値が低いことが分かった。
 
大人の今現在に「犬のみ飼っている群」の大人たちは、「犬も猫も飼っていない群」の大人に比べて、対人困難に関わる数値が低いことが分かった。
 

〇面白い・特筆すべき結果

 
大人の今現在に「犬のみ飼っている群」の大人たちは、「犬も猫も飼っていない群」と「猫のみを飼っている群」の大人に比べて、会的スキルが高いことが分かった。
 

〇筆者の意見・主張

 
人間は、ペットとのかかわりを「擬人化して」捉える傾向にある。
 
また、ペットを家族とみなしており、特に猫よりも犬は、その認識が強いので結果が強く表れたといえる。
さらに、「社会的な共感性の高い人」が、犬をペットとして選んだ、ということも考えられる。
 
多くのペットの飼い主が、「ペットとの関係」を「人間との関係」と同様なもの捉えていることが考えられる。そして、被験者が比較的若いこともあり、家庭内に子供がいないことも考えられるため、ペットを子供の代わりのように認識していることも示唆できる。
 

■感想と転用

 

〇 卵が先か鶏が先か

 
必ず取りざたされる問題、「共感性が高い人がペットを飼っているだけでは?」
確かにその可能性は高くて、というか、その可能性も1要素だと思います。
 
何かの現象が単一の背景によって生じていることの方が少ないし、複雑な経路からそのような現象が起きたのだといえます。
 
ただ、「過去にペットを飼っていた人の、現在の共感能力が高い」という事実が得られたこの研究は、「ペットを飼った」から「共感能力が上がった」と強めに主張できるのではないかと思います。
 (これも勿論、反論の余地ありますが) 
 

〇 猫の完敗

 
結果のみを見ると、猫が共感能力に及ぼす影響は小さいことが分かりました。
残念!
犬のような気質と比較すると、気まぐれで独立性の高い猫のような気質は、共感に関わる能力とのかかわりが小さいのか、、。
 
逆に、猫みたいな生き物だからこそ、「他者視点能力」は上がるような気がするんだけどなぁ、、。
 
ただ、子供の時であれば、犬猫両方飼っていれば共感能力が高かった、少しは共感能力に寄与するのかなとも思います。
 
今後の研究に期待ですね。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。