猫の爪とぎの好みは、あの形だった!?|猫のストレスを小さくし、問題行動を減らそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■文献情報

〇題目

Preference of kittens for scratchers.
 

〇著者

Zhang L, Plummer R, McGlone J.
 

〇雑誌

J Feline Med Surg. 2019;21(8):691‐699. doi:10.1177/1098612X18795258
 
 

■研究概要 (序論~方法) 

〇背景

 
猫を飼っている人ならご存知の通り、猫はとっかかりやすい表面の物体に爪とぎをする習性がある。
爪とぎは、「爪の手入れ」「マーキング」「体のストレッチング」等の様々な役割があるが、時と場合によっては、飼い主を悩ませる問題行動になる。
 

〇目的

 
仔猫の、爪とぎの好み (形と匂い) を調べること。
 

〇被験者情報

 
8週齢よりも幼い仔猫40
 

〇実験・調査方法

 
2種類の爪とぎを部屋に設置し、仔猫を1匹づつ部屋に入れ、10分間の行動をビデオにて観察する。
どちらで爪とぎする時間が長いかを確かめた。
 
爪とぎの形の種類は「S字」「平面」「立体 (柱型) 」など様々。
匂いの種類は、「キャットニップオイル」「キャットニップの苗木や葉」「猫の毛 (化学的匂い物質) 」など。
 

■研究概要 (結果~考察)

〇メインで得られた結果

 
S字型の段ボール製爪とぎ」が最も人気だった。
 
 
 
 

〇面白い・特筆すべき結果

 
あまり匂いには影響されておらず、顕著な違いは見られなかった。
 

〇筆者の意見・主張

 
匂いに反応しなかったのは、まだ幼く発達過程であったから (オピオイド受容体のシステムの未発達) によるものではないか。
 
 

■感想と転用

 
垂直方向のようなポールが人気かなと思っていたので、S字シェイプは意外でした。
実際、過去の研究ではポールが人気だったらしい。
たぶん仔猫じゃないけど。あと、アンケート調査。
Moesta, A., Keys, D., & Crowell-Davis, S. (2018). Survey of cat owners on features of, and preventative measures for, feline scratching of inappropriate objects: a pilot study. Journal of Feline Medicine and Surgery, 20(10), 891–899. https://doi.org/10.1177/1098612X17733185
 
ただ、実験の条件設定が難しく、なかなか断定はできないようですね。
 

〇 こんな研究あるんだ(笑)

 
猫の爪とぎの好みを調べよう!と思った人、めっちゃ面白いな。
福祉には直結するとっても大事な着目点なのに、意識したことありませんでした。

〇 成猫版は?

 
たしか以前、成猫でも似たような実験の記事を見た気がします、、。見つけたら、また記事に投稿しようと思います。
体の大きさの違いから安定感も変わってくると思いますし、違った結果が見られるのかなと思います。 (体重いからポール状の物を好むのでは、、?) 
オピオイド受容器官も発達しているため、結果は違ってくるだろうと思いますし。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。